コーヒー診療所 最新Q&A 【焙煎の温度について】

カテゴリ:Blog

24時間いつでも受診いただける【コーヒー診療所】です。

--最新のQ 【焙煎の温度について】---

焙煎時の温度についてお尋ねします。

ハゼ音の開始温度が早まるという事は、温度計の誤差以外で、考えられる原因はありますか?

当店の環境(1キロ直火、排気は換気扇の下にダクトを設置しています。豆温度のみで排気温度計はありません)では、どの豆でも1ハゼ 190度付近、2ハゼ215付近になります。
一番深い焙煎だと、230度くらいまでを2ハゼ 開始から2分ほどかけて焼いています。

このところ、ハゼの開始温度が早く、1ハゼ 185度、208度付近で2ハゼが始まります。温度表示の誤差と思っていたのですが、豆の色が明らかに浅めで、低い温度のまま2ハゼが終わったりします。だいたい220度くらいまで上がるのに、2分30くらいかかります。

使用している火力や投入量は同じなのですが、換気扇を掃除してから狂いだした気もするので、排気が強すぎるなどの原因があるのかと思いました。
焙煎途中の細かいログをとっていないので、1分あたりの勾配に変化がでているのかもしれませんが、ハゼ音が早くくる(音以上に見かけが焼けていない)という現象が起こる可能性は、どういった事が考えられるでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という質問に対する回答が公開されています!

回答はログイン後、こちらからご確認ください。

この診療所は会員限定のコーナーです。
会員になって弊社から生豆をご購入いただければ、
質問をしたり、回答を見たり、回答に対するコメントや質問ができたりします。

★会員特典などはこちらから

ログインID、PWが不明の方、または会員登録ご希望の方はお問い合わせよりご連絡下さい。

お問い合わせ

Blog コーヒーブログ