コーヒー診療所 最新Q&A 【コーヒーに含まれるクロロゲン酸について】

カテゴリ:Blog

24時間いつでも受診いただける【コーヒー診療所】です。

--最新のQ 【コーヒーに含まれるクロロゲン酸について】---
お世話になっております。

コーヒーが健康に良いと言われる時、
ポリフェノールのクロロゲン酸の薬理作用が注目されますが、
クロロゲン酸は焙煎度に応じて減少してしまいます。
最近では独自の焙煎で浅煎りに仕上げ、一般的なコーヒーの4,500倍クロロゲン酸を
含むと謳う商品も出ております。

そこでお尋ねしたいのですが、
・焙煎豆に含まれるクロロゲン酸は、抽出液にはどの程度移っているのでしょうか。
・生豆時のクロロゲン酸含量(mg/100g)を維持した焙煎豆は、一般的に販売されてい
る焙煎豆より健康に良いと言えるのでしょうか。

ご回答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という質問に対する回答が公開されています!

回答はログイン後、こちらからご確認ください。

この診療所は会員限定のコーナーです。
会員になって弊社から生豆をご購入いただければ、
質問をしたり、回答を見たり、回答に対するコメントや質問ができたりします。

★会員特典などはこちらから

ログインID、PWが不明の方、または会員登録ご希望の方はお問い合わせよりご連絡下さい。

お問い合わせ

Blog コーヒーブログ