商品詳細情報

ホーム > 購入・発注 > コーヒー生豆 > グアテマラ > グアテマラ ファンシーサンタロッサ SHB

グアテマラ ファンシーサンタロッサ SHB

大粒揃い!!
大きくて優しく飲み易いコーヒー。ブレンドにもおすすめです。
★SCAA評価 82.75点

写真

  • 写真

USプレミアム単一農園品種指定

在庫状況 販売中
価格 ¥1,200 / kg(税別)
数量

カートへ入れる

2016/17クロップは前クロップと農園が変わっています。
詳細は以下をご確認ください。

この商品について

2016/17クロップは、
リンダビスタグループの農園の中から標高の高い(サンタロッサ県アヤルサ地区の)4農園を指定して作り上げています。

★あえて単一農園とせず、厳選した原料をブレンドすることで安定した品質、求める風味を作り上げる。
★ただ、どの農園主も全てPABLO氏のファミリーである為、栽培手法、取組意識などがしっかり統一されている。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

リンダビスタグループのオーナーPABLO氏が、一年中農園を歩き回り管理を欠かしません。収穫するのは完熟チェリーのみです。
標高が高い為、サビ病対策の品種を植える必要がありません。そして、将来的にサビ病による大減産、品種変更による品質変化のリスクが低くなっています。
品種は、ハイブリッドがわずかにありますがが、ほとんどがパカスかパチェです。

★SCAA評価 82.75点(Qグレーダー2名の平均)

味覚について

浅煎りの味覚
柑橘系の香りと、少しナッツのような香りがあります。
そして甘味(粒餡のような甘味)もしっかりあります。
丸みがあり、優しい口当たり。
きれいな酸味があり、スッキリしていて、クリーンです。
中煎りの味覚
柑橘系の香り、丸みのある口当たり。
ボディー感が増し、香り、酸味、ボディー感のバランスが良くなります。
中深煎りの味覚
中煎りよりボディー感が増します。
少し苦味が出てきますが、酸味もきれいに感じます。
口当たりは優しく、飲みやすいです。
深煎りの味覚
まず苦味がきますが、心地よい苦味で、後味に甘味が広がります。

生産地情報

<リンダビスタグループ>
・開園:1994年(グループとして始めたのが1994年)
・オーナー:Pablo Chuy(4代目)
・農園数:Pablo氏のファミリーが農園主である16農園
(⇒その中から標高が高いアヤルサ地区4農園を指定してファンシーサンタロッサを作り上げています)

<今回の4農園>
◆農園名
・PARAISO
・LINDA VISTA
・LA CABAÑA
・BELLA VISTA

◆標高:1600-1800m

◆取得認証:レインフォレストアライアンス認証(RA)、ウツカフェ(Utz)、カフェプラクティス(CAFE PRACTICE)をグループ16農園で取得(商品に認証はついていません)

◆サンタロッサ県アヤルサ地区とは?
サンタロッサ県はグアテマラ南東部に位置しています。アヤルサ地区はアナカフェ(ANACAFE、グアテマラ国立コーヒー協会)が定める8つの生産地区とは別の【オリエンテエリア】に位置しています。オリエンテエリアはグアテマラでのコーヒー生産の約25%程度を占める(2016年現在)と言われており、グアテマラコーヒー生産で最も重要なエリアの1つです。

詳細

水分値 10.5
農薬検査 社外委託検査にて、基準値以下。
商品規格 ・SHB
・スクリーン:17UP
・8欠点以内(SCAA方式)
精選方法 ウォッシュド式
収穫時期 12~4月
クロップ 2016/17
品種 主要栽培品種:
パチェ(Pache)、パカス(Pacas),カツアイ(Catuai)

熟度などのグラフ

下記グラフ、味覚評価、SCAA評価、規格などを総合的に見て仕入判断していただけますと幸いです。

写真

※上記は過去の平均偏差値です。

【熟度の数字】
クロップ毎、産地毎、精選方法毎に特徴や傾向が違うので数字だけで単純に比較することはできませんが、熟度が高い方が、未成熟豆の混入率が低く、完熟果実の割合が高いと判断されます。

【ショ糖の数字】
完熟チェリーが多く、栽培条件がそろうと、ショ糖含有量が高くなる傾向があります。

【脂質の数字】
日照量、標高、土壌、肥料などの栽培条件がいいほど高い数字がでており、高品質と評価されるものに高い傾向があります。

【商品がカートに入りました】

買い物を続ける

ご購入手続きへ進む

メールでのお問い合わせ

ページの上部へ