商品詳細情報

ホーム > 購入・発注 > コーヒー生豆 > ホンジュラス > ホンジュラス セレクトマウンテン ロス イカケス農園SHG 2017/18クロップ

ホンジュラス セレクトマウンテン ロス イカケス農園SHG 2017/18クロップ

Q認証商品。
★SCAA評価 80.75点

写真

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

USプレミアム単一農園品種指定

在庫状況 販売中
価格 ¥1,470 / kg(税別)
数量

カートへ入れる

この商品について

良質なコーヒーが採れる厳選された地域の農園内で収穫から乾燥まで行われ、そのあとの保管や加工も冷涼な山で行うといったこだわりを持って作られらホンジュラス SHG。

1) 良質なコーヒーを産出する厳選された地域の原料のみを使用していること。
2) ウェットパーチメントでの長時間流通のリスクを低減していること。
3) 高温多湿なサンペドロスーラを避け、冷涼な山で保管していること。

通常のホンジュラスの流通形態では現実化できない「山」での加工にこだわり、品質に悪影響をもたらしうる「一般的なホンジュラスの流通上の問題」を一つずつ取り除いてコーヒーを仕上げています。

=ホンジュラスのコーヒーを知る=

(1)収穫期と雨季
全てのエリアではありませんが、場所によっては短い雨のサイクルが収穫期とぶつかるところがあります。もともと温度も高い国ですので、高温多湿や雨による異臭発生のリスクは周辺国よりも多いと思われます。

(2)ウェットパーチメントでの流通
コーヒーの品質を語る上で、ポストハーベストは最重要ともいえます。つまりどんな環境で、どんな状態で流通し、保管され、処理されるのか、これを理解することが、品質のポイントをおさえることにつながります。ホンジュラスでは、濡れたままのパーチメントで国内売買されることが多く、それが仲買人のところで滞留したり、乾燥待ちをしたりということが起こります。高温多湿で濡れたまま保管されたら…想像つきますよね。

(3)ドライミル、保管場所の環境
通常輸出が決まるまで、コーヒーは選別工場や近隣の倉庫に保管されることが一般的で、ホンジュラスではその多くが北部のサンペドロスーラやその近郊エリアに存在します。ここがとても暑い・・・。4-5月に訪問した際は外に出るのも嫌になるレベルで、こんなところにずっと置いておいたらあっという間に劣化しそうと思えるモデルのような場所です。


以上の通り、品質に影響を与える要因としては様々なものがあります。
ホンジュラスでは上記のような課題を一つ一つクリアしていくことが、安定した品質づくりのポイントとなります。

この【セレクトマウンテン】は、このような課題をクリアし、高品質を維持しています。

そして、この“課題のクリア”を維持することも大切です。
そのため、また、今以上の品質の商品にするために、
エリア担当が産地に赴き、産地の方々と確認、協議を続けています。

★SCAA評価 80.75点(Qグレーダー2名の平均)

味覚について

浅煎りの味覚
柑橘、ナッツの香りが均等にバランスよく存在している。
クリーンでスッキリしていて、飲みやすい。
ぶどうの皮のような心地よい渋みを感じる。
中煎りの味覚
柑橘、ナッツの香りが均等にバランスよく存在している。
クリーンでスッキリしていて、飲みやすい。
浅煎りより、酸味は少し落ち着き、ボディー感がしっかりする。
中深煎りの味覚
香り、酸味は落ち着き、少し苦味が出てくる。
ボディーが増し、
全てがマイルドになり、より飲みやすくなる印象がある。
アフターでの甘味も少し感じる。
深煎りの味覚
苦味がしっかりでてくるが、
アフターでの甘味も心地よい。

生産地情報

ホンジュラス中部のコマヤグア県のコマヤグア市・シグアテペッケ市近郊 の高産地産(SHG規格)の原料を使用しています。

通常、1ロットには数農園をミックスしており、
完熟豆の丁寧な収穫と水洗処理をおこなっている農園の生豆を使用しています。

ただし、
現在のロットは「ロス イカケス農園」の単一農園のものです。

農園名 : Los Hicaques Farm
標高 : 1,400m

詳細

水分値 12.1
農薬検査 社外委託検査にて、基準値以下。
商品規格 SHG
精選方法 ウォッシュド式
クロップ 2017/18
品種 カツーラ
【商品がカートに入りました】

買い物を続ける

ご購入手続きへ進む

メールでのお問い合わせ

ページの上部へ